はじめに

皆さんは、葬式の正しいマナーというのをキチンとわかっているでしょうか?当サイトは、葬式を失礼の無いように正しく行うことが出来るように、葬式のマナーについて考えていくサイトです。

本当にお気の毒なことではございますが、自分の親しかった身内や友人、知人、恩人などが、お亡くなりになってしまい、お別れをしなくてはならなくなったときには葬式を行いますが、その葬式の正しい順序だったりマナーはきちんと分かっているでしょうか?葬儀は埼玉や大阪など地域特有の方法が存在することもありますが、一般的なマナーは同じです。

年配の方たちが行っているので自分は見てるだけで、順序やマナーなんてほとんどわからないという人や、葬式に出席したことがないからわからないという人などもいることでしょう。

そんなときに、いざ自分の親しい人たちが万が一のことが起きてしまった場合、葬式の進め方、順序や正しいマナーを知っていないと大変です。

葬式においては、お亡くなりになられた方ときちんとお別れをするように順序もあって、失礼の無いように正しいマナーもありますので、これらを早いうちから知っておいた方がいいと思います。順序は知らなくても、最低限のマナーは覚えておくのが望ましいです。

なので、当サイトでは、葬儀に関するいろいろなこと、例えば葬式の順序だったり、通夜のマナー、告別式のマナー、服装(着物や和装に関して、小物関係)のマナー、またはそれらの行い方だったり、葬式に着ていく服装のマナー、参列のマナー、葬式における挨拶のマナー、葬式の焼香のマナー、弔電のマナーまたは葬式にかかる費用はいくらくらいなのか、などなどを考えていきたいと思います。

いつかは自分も率先して葬儀を行うときが必ずくるはずです。そのために何も知らないままではいけません。確かに誰かが亡くなるのを前提として葬儀の流れやマナーを覚えるというと失礼にあたるじゃないかという気持ちになる方も中にはいるでしょう。

しかし、誰だって大切な方がお亡くなりになられた場合はキチンとお別れができるようにしたいはずです。また、葬式をスムーズに行うことができてマナーもキチンとできていればお亡くなりになられた方にとっても失礼がないと思います。さらには、関係者が葬儀のことを何も知らないのを付け狙って、葬儀の費用を適切な金額以上の高額な値段で請求するという詐欺のような事件も少なくないのです。なので、葬儀に関する順序やマナーを覚えておくことが大切になるかと思います。

葬式を考える

葬式の順序やマナーを覚える前に、そもそも葬式ってどういうものなのだろうか?一度はみなさんも考えたことがあるはず。私も考えることがありまして、葬式ってどういう意味なのか、なぜこのしきたりになったのか、葬式の種類があるのか、世界の葬式は堂いう葬式があるのかなどを考えたりもします。みなさんはどうでしょうか?

では葬式の始まりはどうだったのでしょうか?

葬式の始まりは、誰かを失ってしまったときにはしっかりお別れをしてあげることから始まったのではないかと個人的には思います。誰だって大切な人がいなくなることは寂しくて悲しい気持ちになりますし、いたたまれない気持ちになります。じゃあ、そのお別れの方法を祭りとして行うというようになったと思うんです。(この祭りというのはワイワイ騒ぐような祭りではないです。誤解しないようにしてください。)

それが、儀式として形作られていって、順序やマナーなんかが決まってきたと思います。

世界中で葬式というものがあると思いますが、その種類もどんな葬式があるでしょうか?

順序もマナーも様々で、私たち日本人から見たら、「え!?こんな葬式があるの!?」というような少し驚くような葬式があるのかも知れません。葬式は人の死に関わるものです。やはり「死」というものについての考え方は世界中でそれぞれ違いがあることでしょうから、葬式の行いについても違いがある可能性は十分考えられます。

「生」や「死」とはどういうものか、について考えてみると、「宗教」という言葉も自然とでてきます。日本は仏教の国ですから、考えてみれば葬式にはお坊さんも総式場にやってきてなにやら難しそうな言葉を口にしながら唱えたりもしていますね。なので葬式には宗教の影響が強くある儀式になっているようです。そうすると、この宗教の違いによって葬式にもいろいろな違いがあるのはないか?と考えられますね。

他の国の宗教、葬式を考えてみると、例えばアメリカ合衆国はキリスト教のイメージがありますが、アメリカ合衆国の葬式もキリスト教の思想や考え方で葬式が行われたりマナーもあるのでしょうか?

アメリカ映画などを見ていたら、葬式のシーンでは昼間に黒い服装をした人たちが墓地に集まっているというのをよく見ます。これもキリスト教の葬式の行われ方だったりするのでしょうか?また、キリスト教の葬式のマナーはあるのでしょうか?

葬式について考えてみると、こうやっていろいろと疑問が出てきて、葬式の行われ方や種類だったりマナーなどについてもうちょっと詳しく知りたいという方もぽつぽつとでてきているはずです。

私が実際にそうだったので、たぶんいるはずです。なので、このような疑問についてできるだけ考えていきたいので、その疑問が解決できることを願っています。それでは、葬式についての疑問を解決していきましょう!

pickupサイト

不動産は慎重に

ウェディングの雑学

Chinese people and marriage

水と生きる

うどん、美味でございます

なぜなに不動産投資